東濃の核融合科学研究所もんだい

D-D実験は核のごみ捨て場のはじまり?

カテゴリーアーカイブ: 実行委員会

多治見市のシンポジウム詳細が公表されました

多治見市でのシンポジウムの詳細が公表されました。

http://www.city.tajimi.gifu.jp/kikaku/sympo2013_fusion/index.html
  市外の方も参加できるそうです。

「核融合科学研究所重水素実験の安全性に関するシンポジウム」の開催について

■ 開催日時、開催場所

開催日時:平成25年2月7日(木曜日) 午後7時から午後9時まで(午後6時30分開場)
開催場所:多治見市文化会館小ホール

※どなたでも参加いただけます。直接、会場にお越しください。(申込不要)

■ 出演者

(1)パネリスト(4名)
① 槌田 敦氏    たんぽぽ舎顧問
② 井上敏夫氏   「多治見を放射能から守ろう!市民の会」代表
③ 林  巧氏    日本原子力研究開発機構 核融合研究開発部門
ブランケット研究開発ユニット 研究主幹
④ 小森彰夫氏   核融合科学研究所々長

(2)コーディネーター
小林甲一氏  名古屋学院大学経済学部教授

■ タイムスケジュール

時間(PM) 内容
7:00 開会あいさつ 多治見市長(5分)
7:05 主催者からの開催主旨、経緯等を説明(5分)
7:10 (司会)コーディネーター、パネリストの紹介
(コーディネーター)進行の説明
7:15 パネルディスカッション
1 パネリストからの説明(40分:各10分)
7:55 2 討論(60分/配分時間は目安)
パネリストによる討論(30分)
会場との質疑応答(30分)
9:00 終了予定

■ 問い合わせ

  • 多治見市役所 企画防災課
  • 電話:0572-22-1111(内線1411・1412)
  • ファックス:0572-24-0621
  • 電子メール:kikaku@city.tajimi.gifu.jp
 
広告

重水素実験の協定書(案)のパブコメ開始!

【核融合研D-D実験協定書案 多治見市(2/14まで)&土岐市(1/31まで)パブコメ】

重水素実験(D-D実験)に関する協定書案について、多治見市と土岐市がパブコメの募集をはじめました。

土岐市、多治見市ともに、当該市民でなくても意見を出せるそうです。

特に土岐川下流域の春日井市、名古屋市民や隣接する瀬戸市、豊田市等の方は、ぜひどしどし意見を送ってください。

********************************************************************************
<多治見市>
http://p.tl/JdMB-
核融合科学研究所周辺環境の保全等に関する協定書等の締結および重水素実験の同意に対するパブリックコメントの募集
募集期間:1月15日(火)~2月14日(木)

研究施設の周辺環境の保全に努めるとともに、市民の安全を確保しかつ不安を払拭し、関係自治体と核融合科学研究所(以下「研究所」とします)の責務を明らかにするなどの理由から協定を締結するものです。
また、D-D実験を含む重水素実験の開始に当たってあらかじめ確認しておくべき事項を協定書と同じ効力を有する覚書として締結します。

資料:
• 核融合科学研究所周辺環境の保全等に関する協定書(案)(PDF)
http://p.tl/n6sN-

• 核融合科学研究所周辺環境の保全等に関する覚書(案)(PDF)
http://p.tl/13er-
• D-D実験を含む重水素実験開始の同意書(案)(PDF)
http://p.tl/nI_I-
• 協定締結に係るこれまでの経緯(PDF)
http://p.tl/3bd3-

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<土岐市>
http://p.tl/FVtw-
「核融合科学研究所周辺環境の保全等に関する協定締結」及び「重水素実験開始への同意」について
募集期間:1月15日(火)~1月31日(木)

「核融合科学研究所周辺環境の保全等に関する協定締結」及び「重水素実験開始への同意」について(概要)
http://p.tl/9KAH-
▼核融合科学研究所周辺環境の保全等に関する協定書(案)
http://p.tl/69-I-
▼核融合科学研究所周辺環境の保全等に関する覚書(案)

▼同意書(案)

———————————————-